ジョイントマット以外にあった!おすすめ赤ちゃん用プレイマットは折りたたみ式

ジョイントマット以外 おすすめ プレイマット 赤ちゃん  育児

赤ちゃんがハイハイを始めると、そろそろ必要になってくるのが床に敷くマット。

まず頭に浮かぶのはジョイントマットですよね。

我が家でも最初はジョイントマットを買おうと思って探し始めたのですが、どうも気になるデメリットがあって、結局ジョイントマット以外のマットを購入しました。

購入したのはこんな感じ↓の折りたたみ式のプレイマットです。

すっごく使い勝手がよくて、大満足!!

ジョイントマット以外の赤ちゃんマットをお探しの人に、ぜひ知って欲しい!

ということで、この記事では、ジョイントマットの代わりに4つ折りクッションマットを購入し、2年間使ってみてどうだったかについて詳しくご紹介します!

同じような折りたたみ式のプレイマットは、これ以外にもオシャレなデザインのものや機能的なタイプがたくさんあるんですよー。後半で具体的にご紹介しています。

いやいや、折りたたみ式プレイマットのほかに、ジョイントマットの代わりになる選択肢はないの?という方は、こちらの記事でご紹介していますので合わせてご参考になれば嬉しいです。

ジョイントマットはいらない?私が感じたデメリット&メリット
赤ちゃんのプレイマットとして代表的なジョイントマット。 わが家でも赤ちゃんにジョイントマットは必要だと思い、最初は購入を検討しました。 でも、ジョイントマットのメリット&デメリットをいろい...

 

スポンサーリンク

探した末に見つけた!ジョイントマット以外でおすすめの赤ちゃんプレイマット

赤ちゃん用のプレイマットで検索すると、よく出てくるのがジョイントマットですよね。

でも、いろいろとデメリットが目に付いてしまったのです。

よく見かけるジョイントマットは、

  • 部屋の大きさに合わせてパーツを組み合わせられる
  • 部分的に交換できる

というメリットはあるものの、一方で

  • 薄くて硬い
  • ペタペタした肌触り
  • 隙間に汚れ溜まる&掃除がしにくい
  • 子どもが遊んでバラバラになる

というデメリットも気になります。

 

そこで、ジョイントマット以外に、代わりになる赤ちゃんプレイマットはないのかなぁと、いろいろと探してみました。

それで見つけたのが「4つ折りクッションマット」

折りたたみ式のプレイマットです。

 

わが家ではこんな感じに敷いています(写真下↓)

ジョイントマット以外の選択肢「4つ折りクッションマット」のメリット

なぜジョイントマットではなく、4つ折りクッションマットにしたかというと、次の点が気に入ったからです。

畳むことが出来る

ジョイント形式ではなくてつながっています。

4つ折りができるので、使わないときには畳んでおくことができるのです。

これが結構便利で、まだねんねの頃は、半分に畳んだ状態でベットのようにして昼間のリビングで使用。寝返りやはいはいで行動範囲が広がるにつれて大きくしていきました。

こんな風に(写真下↓)背もたれのようにもできるので、ハイハイの頃はこれでちょっとした壁替わり。キッチンの方にいくのを防御してくれていました。

さらに子どもが大きくなったら、4つ折りにしてソファーのようにすることも考えられそうです。

こんな風に(写真下↓)4つ折りに重ねてしまうと、子どもがお座りするのにちょうどよい高さになります。

クッション性がいい & 肌触りがソフト

何より4cmもの厚みとクッション性が気に入ったポイント。樹脂を固めたものではなくて、なかに高密度フォームが入っています。

なので、硬すぎず、柔らかすぎず

ジョイントマットで気になった表面の肌触りもソフトな感触です。

ジョイントマットがどちらかというと床に近い感覚だとすれば、こっちのマットはお布団のウレタンマットレス(硬質)に近い感覚です。

横になっても、そのまま気持ちよくお昼寝ができてしまいます。

防音効果が高い

マンションやアパートの上階に住んでいる場合は、階下に住んでいる方に対する騒音もすごく気になるところですよね。

他の折りたたみ式のプレイマットだと厚みもしっかりあります。わが家で購入したマットだと厚みは4cm。これだけあれば、かなり防音効果大です。

口コミを見ても、マンション住まいで子どもの足音が気になったので、騒音対策で購入したというコメントもかなり多いです。

床の冷たさ対策

フローリングの床だととくに、冬場は冷たくなります。

ズリバイやハイハイをする赤ちゃんにとっては、その床の冷たさは酷!!

このマットの厚み(4cm)なら、床の冷気をシャットアウト

触った感じも温かみがあるので、冬の寒さ対策になります。

汚れても掃除がラク!

もちろん、汚れても拭き取れば大丈夫です。赤ちゃんが嘔吐した時も、うんちが漏れてしまったときも、下に染み出すことものなく拭いて消毒ができました。

ジョイントマットだと、一度バラバラに剥がさないと隙間に入ったゴミや、裏面に入り込んだゴミが取れず、掃除がしにくいですが、これならつながっているので、そんな面倒はありません。

裏面やマットの下を掃除したいときは、パッと立てかけて掃除をすればいいだけ!

4つ折りの谷になった部分にゴミが入り込むことがありますが、これもちょっと持ち上げて折り目をつけて、掃除機で吸ってしまえば取れます。

赤ちゃんの時だけでなく子どもまで長く使える

赤ちゃんの時なんてほんの1年ほど。

歩き始めたらあっという間に、ドタバタと走り回ったり、ジャンプしたがったりします。

3歳前ですでにそんな感じ!

そんな動きが激しくなったときこそ、この厚みのあるプレイマットが役に立ってくれます。

つまり、何年も使える!と期待しています。

ジョイントマット以外の選択肢「4つ折りクッションマット」を2年間使ってみた感想

今ではリビングの一角に敷きっぱなし。

汚れがきになったら、濡れティッシュでざーっと拭けば大抵の汚れは落ちます。

あとは、たまに掃除機で四つ折りの溝の部分を吸い取るだけ。

 

大人もこのマットの上でストレッチしたり、昼寝をしたりしていいます。

さらには、使ってみて初めて分かったのですが、来客時の布団の下に敷けば、なんとマットレス代わりに!

祖母が泊りがけで遊びに来ているときに超便利!

 

3歳間近になって、イスの上とか高いところからジャンプしたがる時期がきたのですが、それも、このマットの上に着地してもらえば、衝撃があまりありません。

賃貸なので階下への騒音も気になるのですが、だいぶ軽減されているように思います。

 

予想以上に、大大満足です!

 

折りたたみ式のプレイマットはデザインもいろいろ!

我が家の4つ折りクッションマットは、楽天市場で購入しました。

大きなものなので、家まで運んでくれるネット注文がおすすめです。

おまけに、送料無料のところがほとんど♪

 

イチオシの折りたたみ式プレイマット(クッションマット)はこちら!

4つ折りタイプで厚みは4cm、大きさ140×200cmと、わが家で購入したものと同じサイズのものです。これで十分な感じでしたよ。

カラーやデザインは4パターンから選ぶことができます。ムーンスターのデザインもかわいいですね!

これ以外にも、

いろいろなサイズとデザインで、折りたたみ式のプレイマットが販売されています。

デザイン豊富な折りたたみ式のプレイマット

リバーシブルになっていて、裏面と表面で色が違います。お部屋の気分を変えたいときに、ひっくり返して使ってもいいですね。

 

防音効果がバッチリの折りたたみ式のプレイマット

厚み4cmの折りたたみ式プレイマットなら、十分に防音効果が期待できますが、

さらに、こちらの折りたたみ式プレイマットでは、防音性の試験データも掲載されていて、防音効果がバッチリ保証済みです!

口コミが50件以上あるのに4.5以上の★評価(5満点)と高評価

口コミをみると皆さん、ちょっと子どもが走れるようになると、階下への騒音問題に頭を悩ませているようですね。いわゆるジョイントマットだと防音効果は期待できません。

このマットを購入して防音効果があったと評価する口コミがほとんどでした。

マットは柔らかすぎても硬すぎてもダメということで、素材メーカーさんが試行錯誤をして理想のクッションを開発したそうです。

何年も使うマットなので、赤ちゃんはすぐに大きくなって走るようになります。

わが家の3歳児は、ジャンプしたり走ったり、ドタバタとすごいです!

そんなときに、厚みのある折りたたみ式のプレイマットでよかったーとつくづく思います。

 

比較的リーズナブルな折りたたみ式プレイマット

こちらのマットは同じ折りたたみ式で、お値段が少しお安め!

口コミでも、しっかりした厚みがあっていい!掃除がラク!コンパクトに畳める!汚れてもすぐに拭ける!と好評です。

 

大きいサイズの6つ折りタイプ

サイズが大きいのが欲しい場合には、4つ折りではなく6つ折りタイプ(140cm×300m)のマットもありました。

色もブラウン系とパステル系の2タイプから選べます。

こちらも口コミがすごい! 70件以上あるのに4.7以上の★評価(5満点)

「このマットをしいてからは階下の人に何も言われなくなった」「音が響かなくなった」こちらも防音効果の高さに満足している方が多いようです。

「クッションの厚みもほど良い」「ごろんと寝そべっても気持ちいい」という口コミも。

同じシリーズで、4つ折りタイプと6つ折りタイプという大きさの違うものがあります。

 

パネル式で拡張できるクッションマット

クッションマットでもジョイントマットのようにパネル式になっていて、好きな数をつなげられるタイプを発見!

接続部はマジックテープ式。

これならサイズも自由自在にアレンジできますね。

色も優しい感じで、4色から選べます。今から買うならこれもいいなぁ。

 

ベビーサークルにもなるプレイマット

マットの一部を立てて、ベビーサークルのように使うことができるアイデアマットです。壁をすべて倒せば大判のプレイマットになります。

しかも、壁の高さをもう一段高く(52cm)することができるので、つかまり立ちがはじまったら、壁を高くして使うことで、赤ちゃんが出てしまうことをガードしてくれます。

ねんねの時期から伝い歩きのときにはベビーサークルのように壁を立てて、しっかり歩きだして遊び始めたら壁を倒して全面マットにしてと、赤ちゃんの成長に合わせて、長く使えますね。

気になる口コミは、27件以上あって、4.4以上の★評価(5満点)

 

同じシリーズの商品で、少しサイズは小さくなるのですが、こちらもベビーサークル型。

こちらには、別売りの専用モビールポールや専用テントがつけられるようになっていて、素敵なプレイハウスへと変身!


何役にも使える便利なプレイマットですね。

デザインもシンプルで、どんなお部屋にも合いそうです。

 

 

厚みがしっかりある折りたたみ式プレイマット(クッションマット)はイチオシ!の赤ちゃんマットですが、そののほかに、ジョイントマットの代わりになる選択肢はいろいろとあります!

こちらの記事でご紹介していますので、あわせてご参考になれば嬉しいです。

ジョイントマットはいらない?私が感じたデメリット&メリット
赤ちゃんのプレイマットとして代表的なジョイントマット。 わが家でも赤ちゃんにジョイントマットは必要だと思い、最初は購入を検討しました。 でも、ジョイントマットのメリット&デメリットをいろい...

ジョイントマット以外にあった!おすすめ赤ちゃん用プレイマットは折りたたみ式のまとめ

赤ちゃん用のプレイマットは以下のような理由から必要になってきます。

  • 赤ちゃんの転倒対策
  • 汚れ対策
  • 床の冷たさ対策
  • 防音対策

でもよくあるジョイントマットは色々とデメリットが気になります。

そこで、ジョイントマット以外で代わりになるマットはないかと、探した末に見つけた4つ折りクッションマットをご紹介しました。

折りたたみ式のプレイマットである4つ折りクッションマットを、生後半年から3歳まで、2年以上使って、大満足!

気に入った点は

  • 畳むことができる
  • クッション性がいい&
  • 肌触りがソフト
  • 防音効果が高い
  • 床の冷たさ対策になる
  • 汚れても掃除がラク!
  • 赤ちゃんの時から子どもまで長く使える

というところです。

我が家では今のところ、ジョイントマット以外で、この4つ折りクッションマットを選択してよかったなと思っています。おすすめです!

ご参考になれば嬉しいです。

育児
スポンサーリンク
にちこをフォローする
にちにちブログ