台風15号2019神奈川のピーク時間は何時?電車への影響や計画運休の可能性について

お役立ち情報

台風15号が9月8日(日)の夜から9日(月)にかけて、関東・神奈川を直撃する可能性が高まっています。

今回の台風15号は、コンパクトでありながらも、非常に威力が強く、関東に上陸した台風の中でも史上最強クラスになる可能性もあると予測する専門家も!!

えええーーーー! そんなにですかっ!心配ですね。

現在の進路予想では、9月(日)の夜のから9日(月)の朝にかけて関東・神奈川を通過する予定ですが、9日(月)の朝、ちょうど通勤時間帯にかかる可能性もあり、どれだけ影響がでるのかが心配なところです。

もしかしたら、9日(月)の朝は激しい雨風が続いているかも!?

私も神奈川の西の方から1時間かけて東京まで通勤しているので、気が気ではありません。

台風15号の神奈川県での暴風雨のピーク時間帯は何時ごろなのか、通勤時間帯への影響はあるのか、電車の運休の可能性などについて今回は取り上げていきます。

スポンサーリンク

台風15号(2019)は史上最大の勢力で関東直撃か?

台風15号は、9月5日(木)15時に発生。

「ファクサイ」という女性の名前がつけられています。

9月に入って3つ目の台風です。

台風15号は、範囲は小さくコンパクト。

ですが、台風の威力をはかる目安になる中心気圧(hPa)がとても低く、これは勢力がとても強いことを意味します。

このまま予想通りの中心気圧で関東に上陸した場合は、史上最強になる!

と指摘する専門家もいます!!!

台風15号は短時間で急激に雨風が強まる!

長い時間にわたって影響がでるというよりも、台風が接近すると短い時間で急に風や雨が強まり、猛烈な威力を発揮する可能性があります。

天候が急変するのが今回の台風15号の特徴です。

最大瞬間風速は60メートルになるとも予測されています。

最大瞬間風速60メートルというのは、大型のトラックが走行中に横転する危険性があるほどの猛烈な風ですので、何が飛ばされてもおかしくない状況です。

雨については、神奈川県では、1時間に30ミリ以上の激しい雨が予想されています。

局地的には1時間に80ミリ以上の非常に激しい雨が降る可能性もあるそうです。

9月3日には横浜で局地的な大雨が降り、たいへんな影響がありましたが、そのときの雨量は1時間に100ミリといわれています。

1時間に80ミリというのは、下水管などのインフラ設備での最大想定値を超えているため、何が起こるかわかりません。

心配は十分にした方がよさそうです。

夜中に寝ている間、急に雨風が強くなってからでは、避難は困難になると予測できます。

とくに浸水や土砂崩れの危険のある地域にお住まいの方は、8日(日)の昼間のうちに避難をされるなど、早めの対策をぜひご検討くださいね!

台風15号(2019)神奈川での暴風雨のピーク時間は何時?

では、神奈川県での暴風雨のピーク時間帯は何時頃なのでしょうか。

進路予測は時間とともに変化しますので、随時、情報を更新していきたいと思いますが、

現在の予想をご紹介します。

8日(日)7時時点点の予測では、

台風15号は、静岡から関東南岸に上陸する可能性が高まっています。

神奈川県が台風15号の影響を受けるピークの時間帯は、8日(日)の夜21時ごろから9日(月)の早朝6時ごろまでの間にあるとみられています。

今回の台風15号は暴風域の範囲は大きくないため、暴風雨は長くても6時間程度で落ち着くといわれています。


大気の流れを視覚的に把握できる「Windy.com」がわかりやすいです。

下の動画の時間のスケールを変更してもらうと、今後の予測進路が表示されます。

これからの台風15号の進路とスピードにより、どんどん予想は変化していきます。

ぜひこまめに情報をチェックしてください。

このブログでも、できるだけ情報をご紹介していきたいと思っています。

台風15号(2019)JR東海道線・横須賀線など電車への影響は?

進路によっては、9日(月)の朝、神奈川県はまだ台風の暴風域に入っている可能性があります。

心配されるのは、通勤時間帯の電車への影響ですよね。

JR東海道線や横須賀線を使って都内まで通っている方も多いと思います。

日頃から使っている方はご存じの通り、JR東海道線は、静岡方面から東京、そして栃木方面へと線が長いので、途中で災害による影響を受けやすい特徴があります。

横須賀線もまた、雨風の影響を受けてよく運休や遅延をしていますよね。

今回の台風15号の影響も、多かれ少なかれあるのではないかと思われます。

現時点では、JR東日本からの台風15号の影響に関する告知は確認できませんでしたが、情報を確認したら、アップデートしていきたいと思います。

追記(9月8日15時時点の情報)

JR東海道線において、以下の通り運休の発表がされています。

  • 8日の下り線は東京発19時以降の一部列車を運休、および20時15分以降の全列車を運休
  • 8日の上り線は熱海発20時30分以降の一部列車を運休、および小田原発21時10分以降の全列車を運休
  • 9日の「湘南ライナー2号・4号・6号・8号・10号・12号・14号」は、全区間で運休
  • 9日の「おはようライナー新宿22号・24号・26号」は、全区間で運休

追記(9月8日17時30分時点の情報)

JR東日本では、風雨が収まったあとに線路点検等を行うことから、首都圏の各線区で9日(月)は始発から8時ごろまで運転を取りやめることが発表されました。

>>>関連記事:【台風15号】電車の計画運休情報まとめ~東京・神奈川・千葉のJR&私鉄

JR東日本の運行状況を知る方法

JR東日本の運行状況は、ホームページ上で確認することができます。

>>>JR東日本 関東エリアの運行情報

 

また、JR東日本には、地域ごとに運行状況をお知らせする公式ツイッターがあります。

東海道方面の対象路線と、公式ツイッターは以下の通りです。

フォローしておくと、最新の運行状況を知ることができるので便利です。

■東海道方面
東海道線、京浜東北線、横須賀線、南武線、横浜線、伊東線、相模線、鶴見線、山手線、上野東京ライン、湘南新宿ライン
スポンサーリンク

台風15号(2019)による計画運休の可能性はある?

計画運休とは、事前に利用者に告知したうえで電車を運休することです。

2014年10月の台風19号のときに、JR西日本が初めて行って以降、鉄道各社で取り入れられるようになりました。

2018年には、台風24号でJR東日本がはじめて計画運休を行いました。

今回の台風15号でも、計画運休はあるのでしょうか。

計画運休の場合は、何日か前もって計画運休の可能性を利用者に広く告知することになっています。

国土交通省が2019年7月にとりまとめた「鉄道の計画運休のあり方について最終とりまとめ」では、鉄道各社がどういうタイミングで計画運休の告知をするかのタイムラインを作成することが推奨されています。

ですので、もし計画運休がなされる場合は、7日から8日の早い段階で、鉄道各社からツイッターやHP等を通して広く告知が開始されるはずです。

動きを注目してみていきたいと思います。

追記:9月8日14時30分時点の情報

JR東日本および私鉄において、計画運休の発表が相次いでいます。

各路線の運休予定をこちらの記事にまとめました。

【台風15号】電車の計画運休情報まとめ~東京・神奈川・千葉のJR&私鉄
台風15号は、非常に強い勢力で9月8日(日)の夜遅くから9日(月)の朝にかけて、静岡から関東南岸に上陸する可能性が高まっています。 8日(日)11時の気象庁の発表では、首都圏では記録的な暴風にな...

まとめ:台風15号2019神奈川のピーク時間は何時?電車への影響や計画運休の可能性について

台風15号について、進路予測と神奈川県への影響、予想される暴風雨のピーク時間帯、そして電車への影響について取り上げました。

暴風域の大きさは小さいものの、勢力はとてつもなく強いそうです!

それまで何でもなかったのに、急に天候が急変して、雨風が猛烈になることが予想されます

充分に警戒して、準備をしてくださいね。

そして9日(月)朝の交通機関への影響は、多かれ少なかれあると思っていた方がよさそうです。

これから9日にかけて、状況はどんどん変化していくと思いますので、随時、情報を更新してご紹介していきたいと思います