鎌倉・横浜・湘南でホタルがよく見られる鑑賞スポット7選

鎌倉・横浜・湘南でホタル 見える時期・条件・時間帯おでかけ

鎌倉・湘南地域は緑地や川も多いことから、じつはいろいろなところでホタルを鑑賞することができます。

日没直後の暗闇のなか、チラチラと舞うホタルの光は、とても幻想的です。

ホタルはとても寿命が短く、幼虫からふ化して飛び交うようになってから1週間ほどしかありません。

にちこ
にちこ

タイミングを逃さず、見に行きたいですよね!
鎌倉・横浜・湘南地域の近くにお住まいの方は要チェック!!

今回は、鎌倉・横浜・湘南地域で、ホタルが見られる時期と観賞スポットについてご紹介します。

スポンサーリンク

鎌倉・横浜・湘南地域では、いつホタルが見られる?

だいたい5月下旬の梅雨入りの頃から6月下旬にかけてが、鎌倉・横浜・湘南地域でホタルがよく見られる時期です。

ホタルが幼虫からふ化するタイミングは、そのときの気候や気温状況に大きく左右されるため、ほたる鑑賞に最適な時期は年によって異なります

さらにホタルは、幼虫からふ化して飛び交うようになってから1週間ほどしか寿命がありません。

キレイに光るホタルが見られるのは、とても限られた期間。

お天気を確認しながら、ホタルが見えやすくなる条件がそろった頃を見計らうことになります。

 

にちこ
にちこ

とはいえ、いつがベストタイミングかを予測するのは難しいですよね

そんなときに、便利なサイトがあります!

 

2019年のほたる予測

ウェザーニュース「全国ほたる情報」というサイトで、ホタルの出現予測が毎年発表されています。

2019年5月8日に発表された予測では、神奈川県周辺は5月20日ごろまでに飛び始めるとのこと。一部の地域では、すでにホタルの出現が確認されているそうです。

ピーク時期はホタルが飛び始めるようになってから半月後くらいといわれているので、6月初旬に見頃を迎えそうです。

 

ホタルが活発に飛び交う時間帯や気象条件についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

ホタルの季節は初夏!ベストな時期予想2019~蛍が光る時間帯や条件は?
初夏の風物詩のホタル。 例年では、だいたい梅雨入り前ごろから飛び始め、九州から北海道まで全国各地でホタル観賞が楽しめます。 ホタルが光りながら飛ぶのは、幼虫からふ化してからの約1週間~2週...

鎌倉・横浜・湘南地域でホタルが見られるスポット

結構いろいろなところでホタルを見ることができるんですよ!

場所によっては、地元の保存会の方や専門家の人がホタルの生態について解説してくれるホタル観賞イベントが開催されているところもあります。

鎌倉周辺、湘南地域で蛍を見ることができるスポットをいくつかご紹介します。

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮では、毎年、ほたるが放流され、蛍まつり(蛍放生祭)が開催されています。

詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

鎌倉でホタルが見られる!鶴岡八幡宮の蛍放生会ほたる祭り2019はいつ?
鶴岡八幡宮では、毎年6月に池にホタルを放流して一般に公開しています。見に行ってとっても感動しました!暗闇に漂う無数の小さな光、神社というロケーションのせいもあってとても神秘的な体験です。2019年の開催日程を問い合わせて確認。雨天時の対応、見どころ、混雑状況、場所・アクセスについて、実際に行った時の体験レポートもご紹介します。

鎌倉駅から歩いても行ける場所なので、アクセスがしやすいですね。

鎌倉広町緑地

湘南モノレール江の島線「西鎌倉」駅から約10分の距離にある鎌倉広町緑地。

「鎌倉広町の森市民の会」の方々が、ホタルが生息しやすいように、普段から保全活動を行っています。

タイミングが合えば、自然の中で無数に舞うホタルの光が見えるそうですよ。

緑地帯は広く、ホタルがよく見える場所がいくつかあります。

一番分かりやすいのが「御所谷入口」から入ってすぐ左手側にある川沿いです。

湘南モノレールのHP上で詳しく紹介されていました → 湘南モノレールHP

また、毎年6月に「ほたる観察会」が開催されています。

2019年の開催日程を問い合わせてみたところ、まだ確定ではないですが、6月22日(土)ごろになりそうとのこと。

日程が決まると、「鎌倉広町の森市民の会」のHPでお知らせが掲載されます。

鎌倉中央公園

鎌倉市の中央に位置する鎌倉中央公園でもホタルを見ることができます。

公園内の川沿いや湿地、田んぼのあるところが出現スポットです。

【アクセス】 鎌倉市のHP「鎌倉中央公園の紹介」

スポンサーリンク

【横浜市】三渓園

横浜で有名なホタル観賞スポットの一つが「三渓園」です。

毎年、「蛍の夕べ」という鑑賞会が開催され、とても多くの人がホタルを見に訪れます。

日程: 2019年5月17日~5月26日 入場は20時30分まで

期間中の金曜、土曜、日曜日は、ふだんは非公開の旧燈明寺本堂でホタルの生態を紹介する映像を見ることができるそうです。(18時30分~約30分ごとに上映)

詳しくは公式HPにて → 三渓園「“蛍の夕べ”の開催について」

【横須賀市】長井海の手公園・ソレイユの丘

ソレイユの丘でも、毎年「ホタル観察会」が開催されています。

ホタル博士の大場信義先生によるホタルのおはなしと観察会とあって、大人気。

こちらに参加するためには、事前に申し込み(抽選)が必要です。

日 程:2019年6月1日(土)2日(日)8日(土)16日(日)18:45~20:10

詳しくは公式HPにて →ソレイユの丘「ホタル観察会」

【平塚市】金目親水公園

平塚市にある「金目親水公園」では、市民の方が親水公園ホタル保存会を結成し、ホタルを大切に見守ってくれています。

毎年2月ごろにホタルの幼虫の放流が行われているのですが、今年は昨年の猛暑の影響もありホタルの幼虫を放流することができなかったとのこと。

ただ、2019年の3月の観察報告によると、放流を行っていないのに、ホタルの幼虫の上陸が観察できたとのこと。自然に生息しはじめているのではと期待されます。

例年よりは数は少ないかもしれませんが、自然に住み着きはじめたホタルが飛び交うことを期待したいですね!

ホタルが飛び始めたら、親水公園保存会のHP上で報告されますので、要チェックです。

【二宮町】二宮せせらぎ公園

毎年「ホタル観賞会」が開催されています。

2019年の日程は5月23日から7日間

日程: 5月23日(木)~5月29日(水)19時から20時30分

詳しくは公式HPにて → 平成31年度ホタルの観賞会

まとめ

鎌倉・横浜・湘南地域では、5月の下旬から6月にかけて、ホタル観賞ができるスポットがいくつかあります。

暗闇にチラチラと舞う光が幻想的なホタルですが、飛び交うホタルの光を見ることができるのは、ホタルが幼虫からふ化して成虫になったときから1週間ほど。

とても限られた期間です。

いつホタルが見られるのか、それはそのときの気候や気温、お天気などに大きく左右されます。

以下の条件がそろった時がねらい目です。

  • 気温が高く湿度が高い(じめじめと蒸し暑い)
  • 風がない
  • 雨が降っていない
  • 曇り空などで月明かりがない

そして、もっともホタルが活発に飛び交う時間帯は日没直後(夜の19時半~21時ごろ)です。

そんな条件がそろったら、ぜひ蛍スポットに足を運んでみてください。

ご参考になれば嬉しいです。