赤ちゃん鼻水吸引器は手動より電動?口コミと私の感想の違いがこちら

鼻水吸引器 手動 電動 どちらがおすすめ 育児

赤ちゃんは鼻水がかめません。

最初は「鼻水なんて、流れてきたのを拭き取ればOKじゃない?」と軽くみていました。

調べてみると、赤ちゃんはまだまだ未熟なため、鼻と耳の管が中耳炎になりやすいかたちをしているそうです。風邪を引いて小児科を受診すると、毎回「鼻水はこまめに吸ってあげてくださいね」と言われます。

とくに、まだ授乳中のときは、鼻が詰まっていると、おっぱいを飲むのも苦しく、息継ぎをしながら少しづつ飲むようなことに。

少し大きくなった2歳の今でも、鼻が詰まると寝ているときにイビキをかいたり、呼吸が一瞬止まったり、と何とも苦しそう。

大人のように「ふーんっ!」と息を吐いて鼻水を出せるようになるのは、早くても3歳以降。それまでは、大人がちゃんとケアしてあげることが大切です。

そこで必要になる鼻水吸引器ですが、手動よりも電動の方が断然おすすめです!

実際に私が使った商品、手動「ママ鼻水トッテ」と電動「メルシーポット」の感想と口コミをご紹介します。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの鼻水吸引器 手動と電動の違い

鼻水吸引器には、大きく2つの種類があります。

親が吸う力を利用して子どもの鼻水を吸い取る手動式のものと、電気のモーターで吸い上げる電動式のものです。

手動の鼻水吸引器の特徴

手動の鼻水吸引器の特徴としては

  • 電源を入れたりなどのセッティングの準備(手間)がいらない
  • 持ち運びもできるので場所を選ばす外でも使える
  • 親が吸う力を加減することで吸引力をコントロールできる
  • 弱めに吸うこともできるのでデリケートな赤ちゃんにも使える
  • 吸引力が弱い
  • 使用後のお手入れが簡単
  • 価格が数百円と安い

というようなことが挙げられます。

電動の鼻水吸引器の特徴

一方で、電動の鼻水吸引器には、

  • コンセントまたは電池などの電源が必要
  • 比較的サイズがあるので外の持ち運びにはあまり向いていない
  • 吸引力がパワフル
  • モーターの音がする
  • 使用後はパーツを分解して洗う必要がある
  • 価格が数千円から1万円以上するものもある

といった特徴があります。

 

持ち運びやお手入れの手軽さでは手動の方が有利です。

何といっても手動の方は価格が安いしドラッグストアでも売っているので、入手しやすいですよね。

なので、私もまず入手したのは手動の鼻水吸引器でした。

手動の「ママ鼻水トッテ」は使えませんでした!

最初に購入したのが「ママ鼻水トッテ」。

鼻水吸引器で検索するとまず挙がってくる商品です。

チューブの反対側を親が吸ってあげることで鼻水を吸い取るタイプのもの。

 

 

 

さあ!吸い取るぞ!

と、子どもにやってみたところ

まず嫌がります。そりゃ、変なものを鼻に入れられるんですから、嫌がりますよね。

それはしょうがない。で、暴れます。

そこを、ぐっと押さえて、同時に適度な力で吸い上げる・・・。

ということが出来ればいいのですが、「押さえて吸う」というのが結構難しい

 

コツをつかめばよく取れる!という意見も聞くのですが、何度かトライするも私はコツがつかめず・・。

あえなく断念しました。

「ママ鼻水トッテ」は親がうつる?気になる口コミ多数

しかも、子どもの菌が親にうつってしまうという口コミもよく見かけます。

 

確かに、ストローのように親が吸う仕組みになっているので、菌を吸い込みやすいですよね・・。

吸うのに力がいる!というのも、私も同じ感想です。

ママ友おすすめの電動鼻水吸引器「メルシーポット」を購入!

他のママはどうしているんだろう?と思い、友達に聞いたところ

電動の鼻水吸引器じゃないと意味ないよ~

との回答。しかも

赤ちゃんや小さいうちは、鼻水を放置するとすぐ中耳炎になりやすいから気を付けた方がいいよ。下の子のときは1年で3回も中耳炎になって、毎日のように病院で鼻水を吸ってもらってた。だから電動の鼻水吸い取り器を購入して、今や必需品だよ。

 

そうなんだ~。

 

二人の子育て中のママ友は、さすが経験者。

すでに同じような経緯を経て、電動の吸引器を愛用していました。

しかも、小児科や耳鼻科で吸引してもらう機器のようなパワフルなもの

 

育児の必需品て、実際にその立場になってみないと分からないですよね。

さっそく、友達おすすめの電動の鼻水吸引器を購入して使ってみました。

その名も「メルシーポット」

私が購入したのは2014年モデルですが、その後2017年に新型モデルが発売。よりコンパクトで、操作が簡単になり、パーツも少なくなって洗う手間が削減されました。

まあまあ結構なお値段がします。

ですが、友人の話を聞いて、買ってみることにしました。

 

「メルシーポット」の口コミも良かったのが購入に至ったポイント

もう一つ、購入を後押ししてくれたのは、口コミ評価が結構よかったことです。

 

みんな同じような経験しているんですねー。

最初は手動の「ママ鼻水トッテ」を試してみて、結局とれなくて電動の「メルシーポット」に行きつく。

まさに私も同じです。

電動鼻水吸引器「メルシーポット」を実際に使ってみた感想

電動鼻水吸引器「メルシーポット」を使うときの準備は以下の通りです。

  1. チューブを本体に接続
  2. タンクに水を入れて
  3. 吸い取るかどうかを別の容器に入れた水を吸ってみて確認

この準備が出来たら、子どもを機器の近くに座らせて、頭を押さえて、ノズルを鼻に当てます。

うまくいくと「ズズ~ッ」といって、チューブ内に鼻水が吸い上げられていくのが見えます。

詳しい使い方は公式HPの動画が参考になります。

 

「ママ鼻水トッテ」のときと同じく、子どもは嫌がりますが、「メルシーポット」は「吸う」ということに気を取られずに、押さえながらチューブを鼻に当てることに専念できるので、ずいぶんとラク!

しかも、パワフルなので、あっという間に終わります

子どもも「あれ?今のなんだった?」「なんだかすっきりするぞ」という顔してすぐ泣きやんでました。

 

ただ、ネックなのは、使い終わった後のこと。

分解してきれいに洗っておかないと雑菌が繁殖して不衛生です。

よく洗ったつもりでも、チューブ内に汚れが残っていたみたいで、一度、カビらしきものが発生してしまったことがあります!

その時は、哺乳瓶に使う消毒液「ミルポン」につけておいたら、キレイになりました。

洗うのが少々面倒、という点を除いては、今のところ便利に使っています。

「メルシーポット」がなかったら、鼻水がでるたびに病院通いしてたと思うと、ラクなものです。

スイッチを入れた時のモーターの音が気になるという人もいますが、私は全然気になりませんでした。子どもはこの音に最初、警戒しますが、そのうち慣れましたよ。

まとめ

赤ちゃんの鼻水対策に、鼻水吸引器は手動よりも電動がよかった体験談(感想)と口コミをご紹介しました。

鼻水吸引は手動でも電動でも、どちらにしても子どもは嫌がります。

でも電動ならパワフルにあっという間に吸い上げてくれるので、電動の方が圧倒的に楽でした。

子どもが自分で鼻水をかめるようになるまでの3~4年間、頻繁にお世話になる代物です。

中耳炎になってしまう前に、大人がこまめに吸引してあげてくださいね。

育児
スポンサーリンク
にちこをフォローする
にちにちブログ