小出川桜まつり〜河津桜の見頃はいつ?駐車場は?【満開など撮影画像あり】

小出川 桜まつり 河津桜 おでかけ情報

一番早く春の訪れを伝えてくれる、早咲きの河津桜。

茅ケ崎でも小出川沿いに約70本ほどの河津桜を楽しめるスポットがあります。

にちこ
にちこ

毎年のように見に行っているのですが、満開になると桜のピンク色と菜の花の黄色のコントラストがとてもキレイなんですよー!

天気のいい日は富士山も一緒に見ることが出来ます

今年も子どもと一緒に行ってみました。

小出川桜まつりについて、気になる桜の開花状況、満開になるとどんな感じか、駐車場の有無、イベント情報を実際に撮影してきた画像とともにご紹介します。

スポンサーリンク

小出川の河津桜の開花状況~見頃はいつ?

さっそく小出川桜まつりの初日、2019年2月25日に行ってきました。

気になる桜の開花状況は?というと

まだ3分咲きほど。

以下の画像は2019年2月25日(日)に撮影したものです。

まだ全体的にツボミの状態のものが多く、咲いているのはちらほら。

それでも、まつり初日ということもあってか、結構人が来ていました。

茅ケ崎市のHPでも開花状況を確認することができます。

<リンク> 河津桜開花情報|茅ヶ崎市

2019年2月25日の開花状況からすると、3月2日(土)3日(日)の週末は見頃を迎えるのではないでしょうか。

ちょうど、おひな祭りでもありますね!

満開になるとこんな感じです(2016年3月1日撮影)

2年前に撮影したものになりますが、満開になるとこんな感じになります!

満開の様子(2016年3月1日撮影)

茅ケ崎 小出川 河津桜 桜まつり

茅ケ崎 小出川 河津桜 桜まつり

茅ケ崎 小出川 河津桜 桜まつり

河津桜の淡いピンク色と、その下に咲く菜の花の黄色のコントラストが、みごと!

もう春が来たー!と心が明るくなります。

にちこ
にちこ

さらには、お天気がいいと河津桜の間から、富士山を垣間見ることができるんですよー

茅ケ崎 小出川 河津桜 桜まつり

このときは、一眼レフカメラや三脚を使って撮影をする人もたくさんいました。

富士山と桜の競演を望むなら、雲のないお天気の時がねらい目ですね!

小出川桜まつり2019について

河津桜の見頃に合わせて「小出川桜まつり」が開催されます。

2019年は2月25日(日)から「小出川桜まつり」がスタート。

2月25日(日)、3月2日(土)、3月3日(日)、3月9日(土)、3月10日(日)

土日に様々なイベントが開催されます。

にちこ
にちこ

地元の子どもたちによる祭囃子の演奏や、童謡・唱歌、はたまたカラオケ賛歌など、なんとも地域密着型のイベントで、ほのぼのとしたおまつりです。

河津桜の木の下には、ちょっとしたテーブルとイスも用意されています。

地元のお野菜や甘酒、焼きそばなどの屋台も少し出るので、お花見しながら小腹を満たすということも出来ますよー。(とはいえ、そんなに数はありません)

おまつりのイベントは土日ですが、会場は川沿いの土手なので、もちろん平日でも桜は楽しむことができます。

演歌の流れる騒がしさがちょっと・・という場合は、平日の方が静かに桜を楽しめます。

場所と行き方・駐車場は?

場所は茅ヶ崎市萩園127番付近

小出川の「萩園橋」を目指していくとわかりやすいです。

河津桜は小出川の川沿い、「萩園橋」から歩いて5分ほど、上流250m付近から600m付近あたりに約70本植えられています。

駐車場

残念ながら会場には専用の駐車場はなく、また近くに有料パーキングも見当たりません。

なので、バスや自転車で行かれるのがおススメです。

電車・バスの場合

JR茅ケ崎駅からバスが出ていますが、本数が少ないのでご注意を!

  • コミュニティバス:鶴嶺循環市立病院線鶴嶺北コース
    「萩園橋」下車、徒歩約6分
  • 神奈中バス:茅41・45系統「小谷」行き
    「番場」下車、徒歩約10分

<リンク> コミュニティバス 鶴嶺循環市立病院線 時刻表

<リンク> 神奈川中央交通バス 鶴嶺経由小谷行 時刻表

だいたい1時間に1本程度です。事前に時刻表を調べていかれることをお勧めします。(帰りの時刻表も見ておきましょう)

まとめ

茅ケ崎の小出川沿いにある河津桜について、開花状況と満開になるとどんな感じかをご紹介しました。

例年は2月下旬から3月上旬にかけて見頃を迎えるようですが、2019年はちょっと遅め。

2月25日の時点ではまだ3分咲きほどでした。

3月に入った頃がきっと見頃を迎えることと思います。

河津桜はソメイヨシノとはまた違った良さがありますよね。

一足早い春を感じに、ぜひ行ってみてください!

ご参考になれば幸いです。