不要不急の外出とは?外出自粛要請で混乱

新型コロナウイルスの拡大の懸念から、東京都に続いて、神奈川県でも外出自粛要請が発表されました。

不要不急の外出を控えるように、とのことですが、いったい何を不要不急とするのかについて分かりにくい!という声が上がっています。

今回は、外出自粛要請を受けて「不要不急の外出」とはどう捉えたらいいのかについて、調べてみました。

スポンサーリンク

不要不急の外出とは?外出自粛要請で混乱

東京都では、25日に新たに新型コロナウイルスに感染した人の数が41人となったことを報告するとともに、以下2点を要請しました。

  • 平日の26、27日はできるだけ仕事を自宅で行い、夜間の外出を控えること
  • 今週末については不要不急の外出を自粛する

続いて3月26日には神奈川県も東京都と同様の外出自粛要請を発表。

これに対し「不要不急の外出」とはどこまでを意味するのか、あいまいで良くわからない、という声が挙がっています。

 

 

不要不急の外出とは?

それでは、不要不急の外出とは、具体的にどのようなことを意味しているのでしょうか。

調べてみたところ、厚生省や政府発表資料に明確な定義がなかなか見当たらない!

そこ、ちゃんとして分かりやすくしてほしい!

先ほど行われた神奈川県知事の会見のなかで、記者の質問への回答がありました。

  • 記者「不要不急の外出とはどのようなことですか?」
  • 神奈川県知事「まさにこれがないと生活ができない、というもの以外は控えていただきたい

まだあいまいですが、各人の判断にゆだねられています。

一方で、今回の外出自粛要請を受けて、スーパーなどでは、買い物客が大勢押しかけ、長蛇の列や入場制限まで行っているところもあるそうです。

これでは、人ごみができてしまって、かえって感染リスクを高めてしまうことが心配されます。

3月26日は、前日に続き新たな感染者数が40人を超えたそうです。

数日前の感染者数が今日の感染者の数に表れています。

今後、数日後の感染者の拡大を防ぐために、今日、必要な行動をどうぞとってください。