氷川きよしがオネエ化?ジェンダーレスなウェディングドレス姿がキレイと話題

氷川きよしがオネエ化?ジェンダーレスなウェディングドレス姿がキレイと話題エンタメ

デビュー20周年を迎えた氷川きよしさん。

これまで無理して「男らしく」を演じてきたことを告白し、男女の垣根を超えた「ジェンダーレス」であることを宣言。

新しい氷川きよし「きーちゃん」として生まれ変わりをとげたことをご存じでしたか?

11月には、ウェディングドレスのような純白のドレス姿をインスタに投稿し、美しい!きれい!と称賛を集めていました。

出演したテレビ番組「スッキリ」で、自分を「あたし」と称したことや、メイクも女性らしくなったりことから、「氷川きよしがオネエ化してる!?」と話題に。

紅白歌合戦2019では、いったいどんな衣装で登場するのか注目されています。

氷川きよしさんにとって紅白歌合戦はデビュー以来20回目の出演となりますが、自身としても、今回の紅白は特別とのこと。

紅白リハーサル後のインタビューでは、自分らしさを開放し、個性を表現することで、人々に励ましを送り続けられるアーティストでありたいと語っていました。

自分らしさを表現し始めた氷川きよしさんの姿に、世間からは「好きになった」「応援したい」「色っぽさがすごい素敵」という声もたくさん。

今回は「氷川きよしがオネエ化?ジェンダーレスなウェディングドレス姿がキレイと話題」と題して、氷川きよしさんの変貌を取り上げていきます!

スポンサーリンク

氷川きよしがオネエ化?ジェンダーレス男子へ

2019年は、氷川きよしさんデビュー20周年。

そうは見えないですが、もう42歳になるんですね。

今年は、氷川きよしさんにとっても、大きな変化のあった年でした。

なんというか、吹っ切れた感じ。

2017年にリリースされたアニメドラゴンボール超のテーマソング「限界突破」では、ビジュアル系ロックのように歌い上げ、これまでの演歌歌手から大きくイメージが変わり話題になりました。

この時は、濃いメイクも、ビジュアル系の演出の一つかな、と思いましたよね。

でも、たんに曲のための演出という意味だけではなかったようです。

とくに2019年の氷川きよしさんは、ますます美を追求。

周りから、オネエ化しているといわれても何のその、といった感じです。

始球式では、生足をアピールするミニパン姿で登場。

8月に生放送で出演したテレビ番組「スッキリ」では、眉も細目でフェミニンな雰囲気に、自分を「あたし」と発言したことで、オネェ化していると騒然。

だけど、オネエのキャラがまた魅力的!

という声もほんとに多いんですよね。

 

スポンサーリンク

氷川きよしのジェンダーレスファッション:純白ウェディングドレス姿が話題に

そして11月には、なんと、ウェディングドレスのような純白のドレスに身を包む姿がインスタ上に。

お美しい!

なんというんでしょう、色っぽさが違う。

この純白ウェディングドレスのような衣装の氷川きよしさんに、「美しすぎる」「幻想的で素敵」「結婚しちゃうの」といった称賛の声が上がっていました。

ちなみに、この純白のドレスはウェディングドレスではなく、ビジュアル系バンドの衣装デザイナーさんのものだったようです。

氷川きよしさんのインスタには、他にもめちゃくちゃファッショナブルで、きれいな日常が投稿されています。

演歌の貴公子「きよしくん」とは、すでに別人。

新生「きーちゃん」の美しさがインスタ上では全開で、うっとりしてしまいます。

 

インスタを開設した際のインタビュー動画(↓)では、「新しい氷川きよしです」「本来の自分に戻りました」とファンに挨拶する様子も。

おしゃれやファッション、メイクが大好きなので、インスタでは、自分の好きなもの、ありのままの自分を表現できたらいい、と話されていました。

その一つの表現が、純白のウェディングドレスのような姿だったんですね。

 

スポンサーリンク

氷川きよしのジェンダーレス宣言!本当の自分に~過去には苦悩も

オネエ化というのは、よく使われる言葉ではありますが、最近では、ジェンダー(性別)にとらわれない、自分らしさを表現するという意味で「ジェンダーレス」という表現が使われます。

芸能界では他にも、バラエティー番組で人気のりゅうちぇるさんや、元プロ野球選手の桑田真澄さんの次男Mattさんなどがジェンダーレス男子として思い浮かびます。

今や、男性がメイクをするのもおかしくない時代。

ジェンダーレスのファッションや言動が、個性として受け入れられていますよね。

そんな社会の変化が後押ししたのでしょうか。

氷川きよしさんも、これまで押し殺していた自分らしさを、前面にだすことを決意されたそうです。

12月に報じられた週刊新潮でのインタビュー記事では、幼少期に「女っぽい」といじめられた過去や、演歌の世界で「男らしく」あることを求められることへのつらさも正直に告白。

世間が求める氷川きよしと自分の内面のギャップに悩み、自殺したくなったこともあったそうです。

華やかな演歌の貴公子の道のりの裏で、そんなことがあったとは。

でも20周年を迎えて、ふっきれたそうです。

自分に素直に生きようと決めて、事務所や家族も応援してくれたとのこと。

本当によかったですね。

12月28日に行われた紅白歌合戦のリハ終了後のインタビューでは、次のようなコメントをされています。

「今までの氷川きよしはバックボーンとして一生懸命やってきたのですけど、これからは時代も変わって自分らしく、ありのままの姿で音楽を表現したい」
「どうしても人間ってカテゴライズしたくなって、あてはめようとする傾向があると思うのですけど、その中でやっていくのはすごく苦しいので、『限界突破』でいつかこの素晴らしい紅白に出れたらいいなという夢があって、そのために今年の始めから自分の中で決意して、持っているものをもっと活かせられればという思いで歌ってきた」

引用元:J-CASTニュース

 

そして12月30日のレコード大賞に出演した氷川きよしさん。

安住アナから「やりたいことやったらいいよ」のコメントに返したコメントがまた素敵でした。

 

葛藤を乗り越えた先に勝ち取った自分らしさ。

だから美しいんですね。

素敵です!

これからどんな氷川きよしが見られるのか、ますます楽しみですね!

 

スポンサーリンク

氷川きよしの紅白衣装はジェンダーレスドレス?

ニュータイプ氷川きよし「きーちゃん」となって出演する2019年の紅白歌合戦。

これは楽しみで仕方ありません!

個人的には、紅白の一番の注目といってもいいくらい。

「紅白限界突破スペシャルメドレー」を披露するということですが、いったいどんな衣装で登場するのでしょうか。

12月28日に行われた「第70回 NHK紅白歌合戦」のリハーサル後に行われたインタビューでは、

これまでの「きよしくん」にはさよならして、「きーちゃん」らしくいきたいと意気込みをコメント。

衣装は「紅組のような、白組のような」ものになると説明しています。

そして、演出がすごいことになっているそうです!

もしかしたらインスタに投稿されたような美しいドレス姿で現れるのでしょうか。

期待が高まりますね。

氷川きよしの紅白衣装が気になる!と注目

ネット上では、氷川きよしさんがどんな衣装で紅白にでるのか、気になるーというコメントで盛り上がっています。

期待する気持ち、よくわかります!

たんに奇抜なだけでない、きーちゃんらしい個性的な衣装できっと登場してくれるはず。

 

スポンサーリンク

まとめ:氷川きよしがオネエ化?ジェンダーレスなウェディングドレス姿がキレイと話題

デビュー20周年を機に、氷川きよしさんがジェンダーレスの個性を発揮する決意をされ、大きく変貌をされたことをご紹介しました。

久しぶりにテレビで見たときには、え?と思いましたが、その経緯を知って、すごく素敵だと思うようになりました。

一時は、周囲が求める男性的なイメージとそれに応えていかなくてはというプレッシャーに苦悩したときがあったそうですが、ふっきれた今の氷川きよしさんは、とても輝いて見えます。

これからどんな新たな氷川きよし「きーちゃん」を見せてくれるのか、ますます楽しみですね。

エンタメ
スポンサーリンク
にちこをフォローする
にちにちブログ