Go To Eatはテイクアウトの場合も対象になる?ポイントや予約方法は?

10月から農林水産省のもとではじまったGo To Eat(イート)キャンペーン!

25%上乗せされた食事券や、ネット予約で500~1000円分ポイント還元など、とってもお得に飲食ができるキャンペーンですが、メインとなるのは店内での飲食。

でも、Go To Eatキャンぺーンはテイクアウトでは使えないの?

と疑問を持った人も多いはず!

そこで今回は、Go To Eatキャンペーンはテイクアウトの場合も対象になるのかについて調べてみました。

結論を先にお伝えすると、一部のテイクアウトでGoToEatキャンペーンの対象になります。

ですが、対象店舗は少なく、ネット予約を通したポイント還元はないなどの注意点がいくつかあります。

以下で詳しくご紹介していきます!

スポンサーリンク

Go To Eat キャンペーンとは?

Go To Eat キャンペーンは、感染予防対策に取り組みながら営業している飲食店と農林漁業者を支援するために国が行うキャンペーンです。

私たちにとっては、とってもお得に飲食ができる嬉しいキャンペーン☆

Go To Eat キャンペーンの利用には、2つの方法があります。

  • 購入額より25%を上乗せされたプレミアム付食事券を利用する
  • オンライン飲食予約サイト経由での予約で次回以降使えるポイントをもらう

一度の飲食で、2つ併用することはできないので、どちらかをお選びくださいね。

それぞれに特徴があるので、場合によって、使い分けるのがおススメです。

また、対象飲食店でも「プレミアム付食事券」しか使えない、というところもあるので、それぞれに対象店舗かどうかを確認する必要があります。

プレミアム付食事券

事前に購入したプレミアム付食事券を、Go To Eatキャンペーン対象店での飲食料金の代金として使用することができます。

購入額より25%を上乗せされたプレミアム付食事券なので、たとえば、1,250円のランチが、1,000円で食べられることになります。

プレミアム付食事券

  • 購入額よりも25%多い金額分の食事券(例 12,500円の食事券を10,000円で購入)
  • 購入制限あり(1回の購入は20,000円分まで※一部地域は16,000円分)
  • おつりはでません
  • 販売期間: 2021年1月末まで(販売開始は都道府県により異なる)
  • 有効期限: 2021年3月末まで

プレミアム付食事券は、各都道府県ごとに発行をしています。

地域によっては、販売開始が11月からなど遅れているところもあります。

(たとえば、神奈川県は11月6日からの販売開始)

プレミアム付食事券が使えるのは、Go To Eatキャンペーン対象店のみ。

Go Toトラベル地域共通クーポンの対象店舗や、各地域が独自に発行しているプレミアム付商品券とは別なのでご注意ください。

お得なのは嬉しいですが、色々とあって混乱しそうですよね・・・

 

オンライン飲食予約サイト経由でのポイント還元

食べログなど、指定のオンライン予約サイト経由で、Go To Eatキャンペーン対象店を予約して飲食をした場合、次回以降使えるポイントがもらえる仕組みです。

もらえるポイントは、ランチで500円分、夕食で1000円分。

なので、1000円のランチだったら、実質500円になってしまうんですね!

オンライン飲食予約サイト経由でのポイント

  • 付与されるポイント: 昼食時間帯は500円分 / 夕食時間帯(15:00~)は1,000円分のポイントを付与
  • ポイント付与の上限: 1回の予約あたり10人分(最大10,000円分のポイント)
  • 付与ポイント以上の飲食代金が対象
  • ポイントは次回以降にキャンペーン参加飲食店で利用できる
  • ポイント付与期間: 2021年1月末まで
  • ポイント利用期限: 2021年3月末まで(各予約サイトでポイント使用期限の設定あり)

 

キャンペーン開始当初は、付与ポイント以下の飲食料金でポイントを多くもらう人が続出していましたが、今は、付与ポイント以上の飲食の支払いがないと対象になりません。

ポイント使用期間が、2021年3月末までとなっていますが、各予約サイトでポイント使用期限のが別に設定されている場合があります。

複数人で予約をした場合は、人数分のポイントがつきますが、そのポイントは、予約をした人につきます。

 

Go To Eat オンライン予約サイト

オンライン予約は以下13のサイトです。

  • 食べログ
  • ぐるなび
  • ホットペッパー
  • 一休レストラン
  • OZmall
  • Yahoo!ロコ
  • LUXA
  • ヒトサラ
  • Retty
  • favy・トレタ
  • 大阪グルメ
  • EPARK(10/19から)
  • シェフル(10/10から)

上記のサイトから、Go To Eatキャンペーン対象店舗を選んだうえで予約、飲食すると、後日、ポイントが付与されます。

ポイントは、その予約サイトでの次回の予約時に使用することができます。

 

スポンサーリンク

Go To Eat テイクアウトも対象になる?ポイントはつく?

お得なGo To Eatキャンペーンですが、テイクアウトも対象になるのでしょうか。

農林水産省がGo To Eatキャンペーンを当初発表した際には、店内飲食の事業者が対象で、ピザ屋などのテイクアウト・宅配専門店は対象外となっていました。

確かに、Go To Eat対象となる飲食店には、テイクアウト・宅配専門店は含まれていません。

ですが、その後の発表で、店内飲食に限らずテイクアウトも対象とするとの報道がありました。

店内飲食を行っている飲食店が、テイクアウトも行っている場合は、Go To Eatキャンペーンの対象となる場合があります。

テイクアウトも対象とするかは、その飲食店の判断になりますので、各店舗に確認が必要になります。

ただし、対象飲食店であってもデリバリーサイトや宅配サイトを通じた場合は対象外となります。

テイクアウトもGo To Eatキャンペーンの対象としている飲食店の大手を、この記事の後半でいくつかご紹介していますので、合わせてご参考にしてください。

Go To Eat テイクアウトでポイントはつく?

テイクアウトもgo to eatキャンペーンの対象としている飲食店で使えるのは「プレミアム付き食事券」で、「オンライン予約によるポイント付与」は対象外となっている場合が多いです。

食べログでは、テイクアウトはポイント付与対象外との説明。

本キャンペーンは、一部対象店舗限定となります。 また、本キャンペーンは飲食店を予約・来店し、店内で食事をした場合にのみ適用され、テイクアウト、デリバリー、ケータリングは、ポイント付与の対象外となります。

引用元:食べログWebサイト

 

そんななか、テイクアウトもネット予約でポイント付与対象となるという口コミ情報を発見!

たしかに、ぐるなび上で、Go To Eat対象のテイクアウトメニューを掲載している店舗がありました!

ただ、ぐるなびのGo To Eatキャンペーンの説明にはテイクアウトは対象外との説明が・・・

以下の場合には本キャンペーンの対象になりません。

  • テイクアウト・デリバリー等、店内で飲食されないご予約

本来は、ぐるなび経由でのGo To Eatキャンペーンは、テイクアウトには適用されないようです。

 

ちなみに、テイクアウトではポイントはためられませんが、ためたポイントをテイクアウトの注文に利用することが、EPARKでできるようになります。(10/19開始予定)

EPARKでのテイクアウトポイント利用は、くら寿司などでできるそうです。

>>EPARKでのテイクアウトGo To Eatキャンペーン

ためたポイントの使い道としては、活用できますね。

ただし、使えるのはEPARKでためたポイントになります。

いろいろと条件が厳しい・・・

 

スポンサーリンク

Go To Eat テイクアウト予約方法は?

予約サイト経由でのポイント付与の方法では、基本的にテイクアウトは対象になりません。

ですが、Go To Eat対象店舗がテイクアウトを行っている場合、テイクアウトでも「プレミアム付き食事券」が利用できる場合があります。

Go To Eatキャンペーン「プレミアム付き食事券」をテイクアウト利用でもOKとするかは、対象店舗の判断となります。

ですので、まずテイクアウトで利用できるかどうかを、対象店舗に確認しましょう。

使用できる場合は、「プレミアム付き食事券」を購入しておきます。

「プレミアム付き食事券」は、各都道府県の指定の事業者から購入できます。

ただし、都道府県によって、「プレミアム付き食事券」の販売開始期間は異なります。

まだ販売されていない都道府県もあるので、各地域の都道府県の「プレミアム付き食事券」販売状況をご確認ください!

続いて、Go To Eatキャンペーンをテイクアウト利用でも対象としている店舗をご紹介しています!

 

スポンサーリンク

Go To Eat テイクアウトの対象店舗紹介

テイクアウトでも「プレミアム付き食事券」が利用できる店舗には、どんなところがあるのか調べてみました!

すかいらーくグループ

ガスト、バーミヤン、ジョナサンなど多くの飲食店を展開する「すかいらーくグループ」から、店内だけでなく、テイクアウト商品や宅配にも利用できるようにすると発表がありました!

テイクアウトや宅配は、すかいらーくグループの宅配サイト、コールセンターからの注文のみが対象となります。

<対象ブランド>

ガスト、バーミヤン、ジョナサン、しゃぶ葉、夢庵、ステーキガスト、から好し、藍屋、グラッチェガーデンズ、むさしの森珈琲、魚屋路、chawan、とんから亭、ゆめあん食堂、La Ohana、三〇三、トマトアンドオニオン、じゅうじゅうカルビ、およびニラックスのブッフェ形態一部店舗

すかいらーくグループのGo To Eat 

 

他にも情報がありましたら、順次更新してご紹介しています!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、Go To Eat(イート)はテイクアウトの場合も対象になるのかについてご紹介しました。

Go To Eatキャンペーンは、「プレミアム付食事券」と「オンライン飲食予約サイト経由でのポイント付与」の2つの方法があります。

一部の店舗では、テイクアウトもGo To Eat対象にしているところがありますが、その場合は、「プレミアム付食事券」での支払いになります。

「オンライン飲食予約サイト経由でのポイント付与」の場合は、基本的にテイクアウトやデリバリーは対象外となっています。

テイクアウトもGo To Eat対象にしている大手としては、「すかいらーく」グループが運営するガスト、バーミヤン、ジョナサンなどがあります。

ご参考になれば嬉しいです。

関連記事
スポンサーリンク
お役立ち
スポンサーリンク
にちこをフォローする
にちにちブログ