コンフィデンスマンJPプリンセス編の相関図と全キャスト俳優&役名を紹介

コンフィデンスマンJPプリンセス編の相関図と全キャスト俳優&役名を紹介映画

今回は、2020年5月1日に映画が公開予定の「コンフィデンスマンJPプリンセス編」のキャスト俳優と役名、そして相関図についてご紹介していきます!

これまで「コンフィデンスマンJP」ドラマや前作の映画で、数多くの登場人物が出てきました。

ですので、映画の公開前に登場人物(役名)の相関図を紹介して整理していきましょう。

また合わせて、登場される全キャスト、俳優さんとその役名についても説明していきます。

題して、「コンフィデンスマンJPプリンセス編の相関図と全キャスト俳優&役名を紹介」。

それでは、始めていきましょう!

スポンサーリンク

コンフィデンスマンJPプリンセス編の相関図

「コンフィデンスマンJPプリンセス編」のストーリーのなかでキーとなる役名についてご紹介していきます。

まず基本として押さえておきたいのは、主人公ダー子(長澤まさみ)と詐欺仲間のボクちゃん(東出昌大)とリチャード(小日向文世)の3人。

ここまではいいですよね。

もしまだ「コンフィデンスマンJP」を見たことがない!

という方がいたら、映画の公式サイト動画「2分でわかるコンフィデンスマンJP」をご覧になると、ダー子をはじめとした3人の個性がよくわかると思います。

さて、今回「コンフィデンスマンJPプリンセス編」で主人公たちと絡んでいくのは大富豪家や、一癖も二癖もある登場人物たち。

さきに「コンフィデンスマンJPプリンセス編」のあらすじをご紹介した方がわかりやすくなると思いますのでそちらから解説していきます。

 

コンフィデンスマンJPプリンセス編 あらすじ

劇場版第2弾「コンフィデンスマンJPプリンセス編」の舞台は伝説の島「ランカウイ島」。

ちなみにロケ地はマレーシア!

世界有数の大富豪である「フウ家」の当主が逝去したことによる10兆円という莫大な遺産相続の問題からストーリーは始まる。

フウ家には3人の子供たちがいるのだが、相続権はその3人ではなく当主の隠し子となっていた。

しかし、この隠し子は行方不明なため、3人の子供たちは捜索に出るのだが、そんな折に、この島に自らがその隠し子であると名乗る詐欺師たちが集まってくる

ダー子たちもまた、その隠し子であると名乗りをあげてフウ家に潜入することに成功する。

いつものように華麗に騙すつもりが、彼らの前に現れる難敵!

果たして騙し合いの末に10兆円を手にすることはできるのか、、、。

 

コンフィデンスマンJPプリンセス編 主要人物相関図

基本の相関図はこんな感じです。

ダー子・ボクちゃん・リチャード(主人公たち3人)

 ↓ ターゲット ミッシェルを名乗ってアプローチ

レイモンド・フウ(当主)の遺産  3人のこどもたち

 ↓ 10兆円の資産を相続   ↓ 捜索

ミッシェル・フウ(行方不明の隠し子)

 ↑ 各国の詐欺師たちが我こそはミッシェルだと名乗りフウ家にのりこむ

ざっくり表現すると上記のようになるのですが、ミッシェル・フウの遺産を目当てに集まってくる詐欺師として、前作の映画にも登場した恋愛詐欺師ジェシー(三浦春馬)やスタア(竹内結子)、韮山波子(広末涼子)、ヤマンバ(濱田マリ)などが登場。

またドラマ1話でダー子のターゲットとなり、騙されてしまった過去をもつ日本の実業家でゴッドファーザーの裏の顔をもつ赤星栄介(江口洋介)も現れ、関係は複雑に。

他にも、フウ家の執事トニー・ティン(柴田恭兵)、正体不明の画家ユージーン(濱田岳)、悪徳美術商の城ケ崎善三(石黒賢)に悪徳芸能プロモーターのホー・ナムシェン(生瀬勝久)までが絡んできて、、、

いったい誰と誰が仲間で、敵なのかもわからない展開。

最後は「コンフィデンスマンJP」らしい、大どんでん返しとなること間違いなし。

相関図については、よりくわしく分かり次第、更新してお伝えしていきたいと思います。

次の章で、より具体的に豪華俳優そろい踏みのキャスト陣と、具体的な役名と役柄をご紹介していきましょう。

 

スポンサーリンク

コンフィデンスマンJPプリンセス編の全キャスト俳優&役名を紹介

今回は過去のドラマでの出演された俳優や新たに追加キャストとして加わった俳優、合わせて23名の超豪華仕様なのです!

今回は表にして役名や役柄を簡単にご紹介していきますが、お顔がわからないとイメージも付きにくいと思いますので、ツイッターの公式サイトで紹介されたキャスト陣の画像もご紹介していきますね。

キャスト俳優役名役柄
長澤まさみダー子主人公で天真爛漫な性格の天才詐欺師。頭脳明晰、美しきカメレオン
東出昌大ボクちゃんダー子の幼馴染で詐欺仲間。ダー子にふりまわっされぱなし。とても真面目で小心者
小日向文世リチャードダー子の詐欺仲間で品よく何にでもなりきれるベテラン詐欺師
小手伸也五十嵐神出鬼没な腕利きの詐欺師
織田梨沙モナコダー子の弟子
関水渚コックリダー子の子猫(サポート)
瀧川英次ちょび髭ダー子の計画に協力
前田敦子鈴木さんダー子の子猫
ビビアン・スーブリジット・フウフウ家の長女
白濱亜嵐アンドリュー・フウフウ家の次男
古川雄大クリストファー・フウフウ家の長男
滝藤賢一ホテルの支配人遺産騒動に巻き込まれる
濱田岳ユージーン正体不明の画家
濱田マリヤマンバ悪徳詐欺師
デヴィ・スカルノ元某国大統領夫人セレブの女性
石黒賢城ケ崎善三有名美術評論家。ドラマ第3話で悪徳美術商として登場し今作再登場
生瀬勝久ホー・ナムシェン悪徳芸能プロモーター
柴田恭兵トニー・ティンフウ家の執事
北大路欣也レイモンド・フウ世界有数の大富豪フウ家の当主
竹内結子スタアダー子の敬愛する詐欺師。今作のキーパーソン!?
三浦春馬ジェシー恋愛詐欺師で前作の映画にも登場。ダー子の元恋人!?
広末涼子韮山波子恋愛詐欺師(ハニートラッパー)
江口洋介赤星栄介日本の実業家でゴッドファーザーとしての裏の顔をもつ。ドラマ第1話で登場し、ダー子にしてやられた過去を持つ。

 

スポンサーリンク

ダー子(長澤まさみ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】映画『コンフィデンスマンJP』 5月1日公開!(@confidenceman_jp)がシェアした投稿

「コンフィデンスマンJP」の主役は、もちろん長澤まさみ演じるダー子。

天真爛漫な立ち居振る舞いで、周りを味方につけてしまう、とってもキュートな天才詐欺師。

男女問わず愛されるキャラですよね。

ダー子を慕う協力者は「子猫ちゃん」と呼ばれ、作品内でも意外に重要な役割を果たしたりします。

作品を離れたところでも、ダー子のファンクラブ「子猫Club」があって、オフラインのファンミーティングが全国で開催されるほどの人気です。

演じる長澤まさみさんは、1987年6月3日生まれの33歳。

本名も同じ長澤まさみで、親しい人からは、まあちゃん、まっさん、がっさーわーなど呼ばれているそうです。

小学6年生のときにオーディションに応募され、最年少グランプリを受賞。

すぐに映画デビューを果たしたシンデレラガールです。

 

ボクちゃん(東出昌大)

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】映画『コンフィデンスマンJP』 5月1日公開!(@confidenceman_jp)がシェアした投稿

ダー子の幼馴染みで、詐欺仲間のボクちゃん。

小さいころから、ダー子に振り回されっぱなしで、詐欺は良くない!と何度も足を洗おうとしますが、その度にダー子にうまく丸め込まれてしまう超お人よし。

嫌だといいながらも、結局はダー子の壮大な仕掛けを誰よりも楽しんでいるよう。

ボクちゃんを演じる東出昌大さんは、不倫騒動で一時は今後の出演がなくなるのではないかと心配されましたが、やっぱりボクちゃんは東出昌大さんではないと!というファンも多いですよね。

東出昌大さんは、1988年2月1日生まれの32歳。

すらっとしたスタイルの良さから分かるように、もとはモデルさん。

高校生の時にメンズノンノ専属モデルオーディションでグランプリを獲得。

パリ・コレにも出演していた時期もあります。

2012年に俳優デビューして、ドラマや映画に数多く出演しています。

演技がうまい!というわけではないですが^^、独特の雰囲気ある演技が魅力的ですよね。

ボクちゃんは、東出さんのはまり役ではないでしょうか。

 

リチャード(小日向文世)

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】映画『コンフィデンスマンJP』 5月1日公開!(@confidenceman_jp)がシェアした投稿

ダー子の詐欺仲間で、何にでもなりきれるベテラン詐欺師。

リチャードという名前は、普段はイギリス紳士のような品の良さを感じさせることからなのでしょうか。

毎回、いろいろな役になりきり、見事に周囲をだましていきます。

リチャードを演じる小日向文世さんは、1954年1月23日生まれの66歳。

そんな歳には見えない若々しさですよね。

北海道出身の小日向文世さんは、デビュー前には中村雅俊さんの付き人をされていた時期もあるそうです。

その後、劇団入りをして舞台俳優として活躍しますが、2001年に木村拓哉主演のドラマ「HERO」に出演したことをきっかけに、ドラマや映画でも主演や重要な役を演じるようになりました。

 

スポンサーリンク

五十嵐(小手伸也)

神出鬼没の詐欺師で「コンフィデンスマンJP」ドラマから活躍する準メンバーで、五十嵐はダー子の大ファン。

様々な場面で、詐欺師としてダー子を懸命に、そしてコミカルに助けます。

五十嵐を主人公にしたスピンオフドラマ「コンフィデンスマンIG」もできるくらい、じつは重要な人物。

五十嵐を演じるのは小手伸也(こて しんや)さん。

1973年12月25日、クリスマス生まれの47歳。

早稲田大学を卒業後に劇団innerchildを主宰し、舞台俳優として活躍していましたが、2016年にNHK大河ドラマ「真田丸」に塙団右衛門役で注目され、2018年に「コンフィデンスマンJP」に出演。

遅咲きの俳優さんです。

 

モナコ(織田梨沙)

前作の映画「コンフィデンスマンJPロマンス編」でダー子に弟子入りした新人詐欺師。

モナコ役の織田梨沙さんは、1995年11月12日生まれの25歳。

2012年からモデルとして活動をはじめ、2016年に映画デビューをはたします。

 

コックリ(関水渚)

コックリは、ダー子を手助けする子猫ちゃん(サポート役)の一人。

身寄りのない内気な女の子ですが、ダー子に協力し、ミッシェル・フウの隠し子になりすまし、フウ家に乗り込みます。

関水渚(せきみず なぎさ)さんは、1998年6月5日生まれの22歳。

2015年の「ホリプロタレントスカウトキャラバン」で、ファイナリストに選ばれ芸能界入り。

グラビアアイドルとしても大人気です。

2019年に映画「町田くんの世界」で主演を務めて女優デビュー。

「コンフィデンスマンJP」シリーズでは、今回のプリンセス編で初登場します。

 

ちょび髭(瀧川英次)

ドラマのときから毎回ダー子の計画を手助けする、ちょび髭。

五十嵐と、まるでお笑いコントのような掛けあいも見せてくれる、よいコンビ。

ちょび髭役を演じる瀧川英次さんは、俳優でもあり、演出家やコメンテーターとしても活躍されています。

ドラマ「下町ロケット」や「ドクターX外科医大門未知子」「家政婦のミタゾノ」にも出演されているので、どこかで見たことがあると思われた方も多いのでは。

 

ブリジット・フウ(ビビアン・スー)

フウ家の長女ブリジット・フウ。

演じるのは、台湾出身の歌手・女優のビビアン・スー。

1996年にはバラエティー番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」でレギュラー出演されていたこともあります。

その後は海外での仕事が多くなり、日本の作品への出演は少なくなっていましたが、久しぶりに見る姿も相変わらずキュートですよね。

 

スポンサーリンク

アンドリュー・フウ(白濱亜嵐)

フウ家の次男アンドリュー・フウ。

ダンサーであり、俳優でもあるEXILEの白濱亜嵐さんが演じます。

日本人の父親とスペイン系フィリピン人の母親の間に生まれたハーフということで、顔立ちがはっきりとしたハンサムボーイ。

16歳の時に「第1回劇団EXILEオーディション」に応募して見事合格。

俳優として活躍していましたが、2012年に「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の正式メンバーとしても活躍。

2014年から「EXILE」メンバーとしても活動しています。

 

クリストファー・フウ(古川雄大)

フウ家の長男クリストファー・フウ。

演じる古川雄大さんは、

特技はダンスで、テーマパーク・ダンサーとしても働いていたことがあるそうです。

2007年に俳優デビューし、ミュージカル「テニスの王子様」に出演したことをきっかけに、数多くのミュージカルで主演を務めるように。

2018年にドラマ「下町ロケット」に出演してからは映画やドラマにも活躍の場を広げています。

 

ホテルの支配人(滝藤賢一)

フウ家の遺産相続争いにまきこまれ、振り回されるホテルの支配人を演じるのは個性派俳優の滝藤賢一さん。

仲代達矢が主宰する俳優養成所「無名塾」に在籍し、舞台を中心に活動していましたが、2008年に映画「クライマーズ・ハイ」に出演すると注目を集め、映画やドラマに数多く登場するように。

2013年のドラマ「半沢直樹」での銀行員役でブレイクしました。

役作りがとても徹底していて、ストイックに役を追求する俳優さんとして知られています。

 

ヤマンバ(濱田マリ)

ヤマンバとはまた、すごいネーミングですよね。

悪徳詐欺師で、今回、ダー子を手助けする子猫ちゃん(サポート役)として重要な役割をはたすコックリを育てた人物として登場します。

ヤマンバを演じる濱田マリさんは、歌手、女優、ナレーターでもあるマルチタレント。

もともとは「モダンチョキチョキズ」として音楽活動をしつつ、個性的なキャラクターからバラエティー番組でも活躍。

特徴ある声を活かしてナレーターとしても活躍されています。

 

元某国大統領夫人(デヴィ・スカルノ)

元某国大統領夫人として登場するデヴィ・スカルノさん。

デヴィ夫人の名で知られていますが、映画の設定上だけでなく、リアルに、インドネシアのスカルノ元大統領の第3夫人でした。

19歳のときにスカルノ大統領に出会い、1962年に結婚をします。

スカルノ大統領には4人も奥さんがいて、その第3夫人となったのがデヴィ夫人です。

1940年2月6日生まれということで、もう80歳なんですね!!

 

スポンサーリンク

城ケ崎善三(石黒賢)

悪徳美術商の城ケ崎善三。

ドラマ「コンフィデンスマンJP」第3話で悪徳美術商として登場したことがありますが、今作で再登場。

演じるのは、石黒賢。

俳優として知られていますが、じつは児童文学翻訳家でもあるんです。

父親が日本人初のプロテニス選手の石黒修ということもあり、テニスが得意。

 

ホー・ナムシェン(生瀬勝久)

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】あなたの番です(@anaban_ntv)がシェアした投稿

悪徳芸能プロモーターのホー・ナムシェン。

演じる生瀬勝久さんは、劇団「そとばこまち」で舞台俳優として活躍。

1988年にNHK連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」に出演すると注目を集め、ドラマや映画に次々に登場するように。

コミカルな役からシリアスな役まで、幅の広い演技を見せてくれますよね。

 

トニー・ティン(柴田恭兵)

フウ家の執事トニー・ティン

演じる柴田恭兵さんは、1986年に舘ひろしさんとともに主演を務めた「あぶない刑事」が大人気に!

1951年8月18日生まれの68歳。

いくつになってもダンディでかっこいい~

 

レイモンド・フウ(北大路欣也)

遺産相続争いのもととなったレイモンド・フウ。

北大路欣也さんが演じます。

大河ドラマにはこれまでに8回も出演するなど、大御所の大俳優。

映画俳優の市川右太衛門の次男として生まれ、小学6年生で映画デビューするというサラブレッド的な俳優さんです。

 

スポンサーリンク

スタア(竹内結子)

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】映画『コンフィデンスマンJP』 5月1日公開!(@confidenceman_jp)がシェアした投稿

ダー子が敬愛する詐欺師スタア。

スタア役の竹内結子さんは、「コンフィデンスマンJP」の映画では前作に続き2回目の登場です。

1996年に女優デビューして以来、数多くの映画やドラマで活躍し、実力派女優として知られる存在ですよね。

 

韮山波子(広末涼子)

韮山波子は、ハニートラップを得意とする詐欺師。

今回はリチャードをターゲットにハニートラップを仕掛けるとか!?

韮山波子を演じる広末涼子さんは、1980年7月18日生まれの40歳。

14歳の時にCMデビューすると、日本中で「ヒロスエブーム」が起きるほどの人気に。

その後は女優として数多くの映画やドラマに出演し、日本アカデミー賞の優秀主演女優賞を何度も受賞する実力派です。

 

ジェシー(三浦春馬)

ジェシーは、前作の映画「コンフィデンスマンJPロマンス編」に登場した恋愛詐欺師で、ダー子とも昔からの知り合い。

ダー子の元カレ?

とも言われていますが、ダー子は否定。

彼氏彼女の設定で一緒に詐欺をしたことがあるだけ、とのこと。

本当のところはどうなんでしょうね。

ジェシー役の三浦春馬さんは、日本アカデミー賞で新人俳優賞や優秀助演男優賞を受賞したこともある実力派俳優。

4歳から児童劇団に所属していて、1997年にNHKの連続テレビ小説「あぐり」で子役デビューして以来、数多くの映画、ドラマで活躍されています。

 

赤星栄介(江口洋介)

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】映画『コンフィデンスマンJP』 5月1日公開!(@confidenceman_jp)がシェアした投稿

赤星栄介は、日本の実業家でゴッドファーザーとしての裏の顔をもつ。

ドラマ第1話で登場し、ダー子にしてやられた過去があることから、ダー子とは宿敵同士。

江口洋介さんは、1967年12月31日生まれで52歳。

これまた、そんな歳には見えない~!

奥さんは歌手の森高千里さん。

1990年代のトレンディドラマで大活躍した俳優さんですが、当時は長髪(ロン毛)がトレードマークでしたね。

今では、歳を重ねて渋みが増して、ダンディな男の役がとてもお似合いです。

 

以上のような超豪華俳優陣が、キャストとして映画の中で大暴れします!

ドラマの中で出てきた悪役も再登場したり、ダー子の過去を知る人物が出てきたりと波乱の展開にもなりそうです!

 

スポンサーリンク

まとめ:コンフィデンスマンJPプリンセス編の相関図と全キャスト俳優&役名を紹介

今回は、「コンフィデンスマンJPプリンセス編の相関図と全キャスト俳優&役名を紹介」と題して進めてまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

コンフィデンスマンJPプリンセス編はドラマを視聴していなくても十分楽しめる作品にはなっていますが、ドラマからの再登場キャストもいますので、見ておくとより面白くなること間違いなしです。

劇場版第2作「コンフィデンスマンJPプリンセス編」は2020年7月23日上映開始です!

ご参考になれば嬉しいです。