1歳から子どもがお風呂を嫌がり入らない!効果あったおもちゃ&工夫

お風呂 嫌がる 子ども おもちゃ いやいや期 育児

子どもをお風呂に入れるって一苦労ですよね。

うちの子も1歳後半からお風呂を嫌がるようになり、「お風呂入ろうか」というと「イヤ~」といって部屋中を逃げ回ります。

ママ友の話を聞いても、この時期(1歳2歳3歳のイヤイヤ期)の子どもは、たいていお風呂を嫌がってはいらないようになるみたいです。

そんなときに、わが家で効果のあった対策法、おもちゃ&工夫をご紹介します。

スポンサーリンク

お風呂を嫌がって入らない!イヤイヤ期(1歳2歳3歳)の子どもの対策法はお風呂を楽しく作戦!

お風呂を嫌がる理由が「水に濡れるのが嫌い」という場合は少しずつ慣らしていく必要がありますが、うちの子の場合は、単に面倒くさい、部屋で遊んでいるほうが楽しい、なんとなくイヤ、という気分の問題。

そこで、わが家が取り入れているのが、

お風呂を楽しいところにしよう作戦です。

この時期の子どもは好奇心のかたまりです。

「楽しそうなものがお風呂にあるよー」と気を引き付けると、
「なになに~?」とお風呂にやってきます。

でも、ちらっとみて楽しそうでないと、ささーと部屋に撤退。

反応を見ながら、今もいろいろと試しているところですが、これまでに効果があったものをご紹介します。

子どもは飽きやすいので、色々な選択肢を持っておいて変えていくのがポイントです。

お風呂の壁に貼り付けるポスター

濡れた浴室の壁に貼りつくタイプのポスターです。

うちで使っているポスターの一つがこれ(写真下)100均で売っていました。

(ここから3枚の画像はわが家で撮影しました)

これ以外にも、子ども向け雑誌の付録や英語教材のお試しでもらったものなどもあり、いつの間にか5種類くらいあります。

とくに「こどもちゃれんじ」で届いたお風呂ポスターには、同じように貼り付けられる、あかっちなどのキャラクターもあって、ごっこ遊びに最適!
ポスターは裏表で、バスに乗ってるシーンとお家で遊ぶシーンとがあり、さすがよく考えて作られています。

「こどもちゃれんじ」についてはこちらの記事もご参考に

赤ちゃんのおすすめおもちゃは月齢別に違う!選び方に困ったらコレ
0歳1歳の赤ちゃんにはどんなおもちゃがいいの?いつから用意したらいいの?困ったわが家は「こどもちゃれんじベビー」に入会。毎月、月齢にあったおもちゃが届きます。これが期待以上に良かった!ので継続しています。どんな内容なのかご紹介します。

 

カラフルで重ねられるカップ

大きさと色の違うカップが10個、入れ子になるようになったものです。
塔のように積み上げたりできるようになっています。

本来はお風呂で遊ぶ用のおもちゃではないのですが、これがお風呂にピッタリ!

・並べて中に水を注ぐ
・別のカップに水を移す

というのに夢中になった時期もあり、これだけで30分くらい黙々と取り組んでいたときもありました。

さらに

・お風呂に浮かべて船のようにして遊ぶ

こともできます。

お風呂おもちゃの定番!アヒルちゃん

アヒルは、お風呂おもちゃの定番ですよね。

最初のうちは「アヒルちゃんが呼んでいるよー」とアヒルのおもちゃをお風呂からのぞかせて見せただけで近づいてきてくれました。

(ここまで3枚の画像はわが家でのおもちゃでした)

アヒルに飽きてしまったらカエル、アンパンマンとキャラクターを色々と変えて誘い出します。

とくにお風呂用のおもちゃでなくても、濡れてOKの素材ならお風呂場にも持ち込んでいます。

どんどん増えていって、今では20種類くらいに増えています(^^;;

 

お風呂で魚すくい

洗面器や浴槽にお魚を浮かべて魚すくいを楽しもう!

金魚とすくう網は100均で売っていたのを見つけました。

大人は簡単にできますが、2歳前後くらいだと少し難しいらしく、真剣な顔して一生懸命!

脳の発達にも良さそうです。

 

浴槽に風船を浮かべる

いくつか風船を膨らませてお風呂場に置いておきます。
お風呂の中で、ポーンポン!と風船のキャッチボールが楽しめます。

風船に空気を入れずにお水を入れて、溜まったところをきゅっと握ると、水鉄砲のように風船から中の水が飛び出ます。

それが楽しいようで、何度も何度もやっていました。

 

小さいビニールプールをお風呂代わりに

お風呂場に入るくらいの小さなビニールプール。

夏におもちゃ屋さんのビニールプール売り場で数百円で売っていました。
子ども一人が入っていっぱいの大きさです。

浴槽ではなく、このミニプールにぬるま湯を張って入るようにしたところ、喜んでお気に入りになりました。

おもちゃもいくつか浮かべます。

 

好きな音楽を流す

お風呂場の前にスマホを置いて音楽を流します。
YouTubeでアンパンマンなどお気に入りの歌や音楽を選択。

お風呂場から音がしてくるのが気になって、「何だろ~」とお風呂場にやってきました。

お風呂に入っている間も、お気に入りの音楽を流しておくと上機嫌で踊ったり歌ったりしています。その間に体を洗ってしまう!

 

スマホでYouTube動画

音楽でもダメなときは、最後の手段、スマホのYouTube動画をお風呂でみせてしまう!

最近のスマホは防水機能があるので、そのままお風呂に入れている人もいるようですが、調べると、防水機能があっても湿度には弱いそうです。

お風呂場の湯気で故障しても保証外とのこと!

なので、専用の防水ケースに入れて使うのが安心です。

わが家では、iphone10を使っていて、生活防水はされているのですが、お風呂の湿気が心配なので、ジップロックに入れて使っています。

やってみて初めて分かったんですが、ジップロックの袋の上からも指のタッチに反応してくれるので、操作ができてしまいます。

(本当は、専用の防水ケースがよかったのですが、なかったので・・・でも故障しないとは言い切れません)

まとめ

ほとんどの子どもが、お風呂イヤー!!になるときがあると思います。

そんなとき、我が家で効果的だったおもちゃ&工夫をいくつかご紹介しました。

でも、どんなおもちゃも続けていると興味をなくしてしまい、それではお風呂に入ってくれなくなってしまいます。子どもってホント飽きっぽい。

なので、日替わりで選択肢を用意しておいて、これがダメなら次の手、という感じで飽きずに興味を引くようにしています。

いつもお風呂場に出しっぱなしだと見慣れてしまうので、普段は目につかないところに片づけて置き、日替わりで登場させるのがいいようですよ。

育児
スポンサーリンク
にちこをフォローする
にちにちブログ